リアルタイム為替レート
ただ今のレート 1ドル 78.8

【閲覧注意】 1歳目前の息子が手足口病に

子育て

cephalexin セファレキシン

もうすぐ1歳になる息子が、手足口病 Hand, foot and mouth diseaseになってしまいました。

(下の方に写真がありますが、湿疹であまり気持ちの良い写真ではないので閲覧注意とタイトルにつけました。)

しかし、困ったことに感染症になってるとのこと。

GPへ行ってよかった。

熱が37.5度が最高で、その後は微熱。

本人も機嫌が良かったり、悪かったりだし別にGPに行く必要もないかなーと思っていたのですが。

SPONSORED LINK

念には念をで行きました。

ネットで調べてみたら、手足口病だし、薬はないし、ゆっくり休めば1週間くらいで治るってあったので。

でも。ただ何となく勘が働いて。GP行っておこうと。

いや、今回ので子どもの場合は小さなことでもGPへ行かないとダメだなと考え直しました。

私自身が病院嫌いなので、どうしても最終手段的になってしまうのですが。

大人と子どもは違う。気をつけないとです。

後で後悔しても遅いです。

さて、この手足口病。潜伏期間が3~5日あるとのこと。

息子も最初は鼻水が出始め、次の日に熱、その次の日にポツポツ赤い小さな湿疹が手の甲と足の甲にできました。

手足口病で足に湿疹

4日目には、手のひら、手の指、足の裏、ふくらはぎ、太もも、お尻とおちんちんにも。うちの子の場合、口の周りはほとんどできませんでした。

手と足の甲の一部は水泡になってカサブタのようになっている部分も。

時間が経つにつれて、手はなんだかどす黒く火傷したみたいに。
手足口病で感染症

これが感染症になっているとのこと。

処方された薬はセファレキシン (Cephalexin Susp 125ml/5ml)というもの。2.5mlを1日3回、手の状態が良くなるまで飲ませるように言われました。

また、この薬は冷蔵庫に保管する必要があり、2週間後までに廃棄するようにと注意事項として言われました。

通常、手足口病は普通の風邪のように、対処療法だけなのですが、こうなってしまうと薬を飲んで治さないとダメだそう。

何でこうなったのかは原因はわからないそう。

息子はアレルギーやeczemaでお肌には悩まされてばかりだなあ。お肌が弱いから今回も感染症になってしまったのでしょうか。

もうすぐ3歳の娘も1歳をすぎた頃に熱と共に湿疹が出たことがありました。

しかし、ホントに軽度で当時GPにも手足口病とはいわれず、何かのウィルスで治るのを待つしかないとだけ言われました。

今回、娘が先に風邪をひいて、それを息子が移され、手足口病に。

娘は何もなく。

GPによると、手足口病は基本的に一生に一度しかならないそうです。

娘は前になったことあるでしょ?みたいにGP言われました。

あの湿疹がそうなら、娘も通った道なのでしょう。

息子に出た手足口病の湿疹以外の症状は、

  • 機嫌が良かったり悪かったり
  • 甘えたがる
  • あまり食べない
  • よく寝る

です。

息子は食べるのが大好きなのですが、いつもの3分の1程度食べると口を閉ざして食べませんでした。

喉にも水泡ができて水も飲みたがらない子も多いそうなので、少しでも食べる息子は上出来です。

そして、この水泡は痛かったり、不快だったりするようなので息子が不機嫌なときや不安定なときはパラセタモールをあげるように言われました。

パラセタモールについては以前書きました。

今回のセファレキシンと併用しても問題ないとのこと。

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA