リアルタイム為替レート
ただ今のレート 1ドル 76.65

【閲覧注意】1歳の息子が入院しました

子育て生活

Duoleumジェル状クリーム先日1歳になった息子がなんと入院してしまいました。

そして幸い、1晩の入院で様子見、無事退院できています。

原因は。

謎の湿疹が身体中にできました。(湿疹の写真を載せているので閲覧注意と付けました。)

通常思い浮かべる湿疹、というレベルではなく、赤紫の湿疹、内出血のようなアザのような湿疹。

大小色々でしたが、大きいものでは直径5センチくらい。

1歳児の小さな体に5cmの湿疹は恐ろしいです。

SPONSORED LINK

腕から始まり、足、顔、お尻とできました。数は数え切れないほどたくさん。

最初の段階。

最初の段階の赤紫の湿疹
最初に腕に見つけてから5日後が湿疹のピークでした。

ピーク時の湿疹。

湿疹ピーク時の赤紫の湿疹
そして、息子にできた湿疹は特殊なものだったようで、どのドクターもどのナースも、

初めて見る

と言うのでした。

似たようなものは見たことあるけど、違う

と。

湿疹の特徴は、皮膚の表面はサラサラしている。

通常湿疹というと、皮膚の表面がザラザラしていたり、グジュグジュしていたり、突起状のもの、水膨れがあったりする。

息子の湿疹は、皮膚の中の層で、皮膚の血管が内出血しているためだろうとのこと。

最初に湿疹を見つけ、GPへ。

最初の湿疹は1cmくらいの大きさでした。

最初にナースの問診。ナースは

たくさんの湿疹を見てきたけど、この赤紫の湿疹は見たことがない、何だか分からない

と。

GPのドクターは、息子の湿疹をじっくり見てから他のドクターにも見てもらいたいと、他のドクター3人を連れてきました。

ドクターたちが見て出した結論は

Post-Viral Rashで、その中でもErythema Multifomeだと思う

でした。

治療法はなく自然に治癒するのを待つしかないと。

息子の湿疹以外の症状は

  • 機嫌が悪い時がある
  • 食欲がいつもよりない
  • 鼻水に少し血が混じっている
  • ヨダレが出る
  • 微熱
  • 下痢

ドクターはそれらは風邪の症状だから様子見しかないと。

そしてそのまま帰宅。

日ごとにさらに湿疹が出てきて痛々しく。湿疹もどんどん大きく。

本人は痒い様子はなく。

そして湿疹を見つけてから5日目の夜、左の手と足がむくんでパンパンになっていました。

急いで緊急病院へ。

ニュージーランドで唯一の子ども専門病院、Child Starship Hospitalへ。

最初にナースの問診で、ナースも息子の湿疹は初めて見たと。

ニュージーランドで毎日たくさんの子どもを見ている病院のナースでさえ見たことない、と。

とりあえず個室に連れて行かれました。

いわゆる隔離室。

まぁ良い気持ちではありませんでしたが、万が一伝染病だったら大変ですしね。

しばらくしてまたナースがきて、息子の湿疹を見て初めて見たと。

血圧やら体温やら数字を測っていきました。

その後、ドクターがやってきて。

身体中にできた湿疹を触りながら興味深そうに?見ていました。

すごく特殊な湿疹ねー

って。

私も旦那もビクビクしてたのですが、ドクターはあっけらかんというか、至って明るい。

別のドクターにも見てもらいたいから呼んでくると。

ニュージーランドで一番大きなこども病院のドクター2人が、息子の湿疹を診察。

ドクターたちは、

Henoch-Schonlein purpura (HSP)だと思う

と。

とりあえず入院して様子をみましょうとなりました。

翌日に皮膚科の専門医が来るので見てもらおうと。

そして翌日。

また別のドクターが見て、そのドクターはGPのドクターと同じく

Erythema Multifomeだと思う

と。

その後、皮膚のスペシャリスト、皮膚科ドクターがやってきて、診察。

Haemorrhagic Oedema of infancy

と診断しました。最終的にこの病名で記録されたとのことです。

そしてここまでナース、ドクター全員が

初めて見た

と言うのでした。

皮膚のスペシャリストでさえ、見たのは初めてと。

入院中に、血液検査と尿検査もしました。

特に異常は見られず。

何より息子本人がぐったりしてるわけでもなく元気。いつもの元気には劣るものの。

次の日の午後には退院しても大丈夫と。

もし

  • 高熱が出る
  • 腹痛
  • 血尿、血便

の症状が出たらまた病院に来るように言われました。

そしてトップの写真のクリームを処方されました。処方箋のクリームなのに25ドルしました。高い。

Fully fundedではないと言われました。

クリームはジェル状のもので肌を柔らかくして保護してくれるのだそう。

6時間ごとに湿疹に塗るように書かれていました。

Ingredients

  • 50% White soft paraffin BP
  • 50% Liquid paraffin light ph. eur

そして今回驚いたのが。

オークランド病院の子どもの食事
食事。これ、1~3歳用のメニューだそう。

  • Vegetable pattie stack
  • Poteto wedges
  • Lemon french custard

最初、親用に出してくれているのかと思いました。

1歳の息子は揚げ物まだ食べたことがないので、3歳の娘と私で食べました。

退院して次の日には湿疹の色が薄く。

色が薄まった湿疹
日に日に薄くなっているのでホッとしています。

何より両ほっぺにもこの赤紫の湿疹が広がっていたので、それが薄くなっていくのが嬉しい。

顔なので外出もできず。

伝染病ではないのですが、周りの人を驚かせてしまいますしね。

息子本人はすっかり元気です。

早く完治しますように。

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA