リアルタイム為替レート
ただ今のレート 1ドル failed

保育園に行きたがらない娘が保育園に慣れるまで

子育て


うちの娘は2歳10ヵ月からChild care、保育園に入れました。

保育園に行くというのは、人生で初めて、知らない人の集団に飛び込むわけです。

ママもパパもいない。

2歳10ヵ月の娘の一番最初の、人生初の試練でした。

娘の場合は、日本語はある程度話せるし、コミュニケーションがとれるくらいの年頃。

英語はほとんど分からない状態でした。

言葉が通じない。

娘が感じた恐怖は、パパママの不在プラス、話しかけられても何を言っているか分からないし、話しても誰も分かってくれない、通じない。

人見知りが激しい上に、ママと離れたことはほとんどありませんでした。

その時の娘の心境を思うと今でも涙が出てきます。

でも結論から言いますと、保育園には必ず慣れます。

娘は20日目でやっと初めて行きも帰りも泣かずに、でした。

長かった。普通3日くらいで慣れるって言われたのに。

ウチの娘の号泣は、しばらく園内名物みたいになっていました。

親も試されている、親も乗り越えなければならない試練です。

うちの子保育園に向いてないんじゃないか。

まだ早いのか。

やめようか。

こんな小さな娘に何でこんな辛い思いをさせないといけないのか。

保育園行く時は大粒の涙を流して

保育園行きたくない。

ドロップオフの時は大泣きしながら

ママー。ママー。

と叫んでいるのに背を向けなければならない。

そして保育園行きだしてから家にいても元気がなく、すっかり落ち込む娘。

保育園であったことを思い出してしまうのか、また保育園に行かなきゃいけない恐怖か。

いつも元気いっぱいだった娘なだけに、娘の家での変貌には親の私も堪えました。

夢にも見るようで、夜中に泣き出すことも何度もありました。

そんな娘に私も何度も号泣しました。

以前のように元気な幸せいっぱいの娘がもう見られないのではないか、とさえ思いました。

そしてネガティブはネガティブを呼び、Child care 保育園に不信感を募らせたりも。

ココの保育園は良くないんじゃないか、先生は娘のことちゃんとみてるのか。

もうモンスターペアレンツになりそうなくらいでした。

そしてネガティブは旦那に感染し、

保育園変えた方がいい

と言い出す始末。

本気で変えようかと思い始めて、でもその前に先生に不満とか疑問を言ってみようと勇気を出しました。

すると。

先生が前よりもっと娘を気にかけてくれるようになりました。

もしかしたら気にかけてくれるようになった気がしてるだけかもしれませんが、先生のほうから、あーだったこーだったとお迎えのときに教えてくれるようになりました。

問題だったのは、コミュニケーション不足。

きちんとどうしてほしい、ここが心配、というのを具体的に伝えるのは本当に重要でした。

先生もプロですが、言われないと気づかない、分からないことはあって当然。

特に娘は人見知りで最初は先生に懐かずツンケンしてましたので、先生は自立心が強い子って認識だったようです。

当の娘は、知らない人が怖いし、言葉も分からないから近寄りたくないだけだったわけで。

最初の頃は送りのドロップオフのとき、先生を見て

怖いよ

と口にしていた娘。

ギャン泣きしてて先生に手を差し伸べられても、逆の方向に逃げる始末。

そんな娘が、ある日の送りのドロップオフで、いつものように大号泣。

でも広げられた先生の腕の中に自分から身を寄せて抱っこされにいったときは感動しました。

差し伸べられた手に助けを求めることができるようになった娘。

成長したなぁと嬉し泣きしました。
そんな娘。今では

保育園行くー。

と毎日元気よく口にします。

安心安全で楽しい場所になってるようです。

毎日我が子の号泣を見るのは本当に辛いですが、保育園は必ず慣れます。

そして新たな成長を目の当たりにする度に娘がますます愛おしく思えます。

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA