リアルタイム為替レート
ただ今のレート 1ドル 76.72

Lewis Road Creameryのオーガニック牛乳

レビュー食べもの

Lewis Road CreameryのPure Organic Milk。

おすすめ度   5.0

我が家の牛乳はコレです。

オーガニック牛乳なので高い。

通常の牛乳の2倍近い値段がしますが、旦那がゴリ押しなのです。なぜか。

旦那は通常の牛乳だと飲まないのに、この牛乳だと飲みます。

なぜ?

気持ちの問題だと思います・・・。

でも子どもたちに飲ませるので、良いものを選ぶのには異存無し。

今まで気になっていて調べる機会がなかった、homogenisedという意味。

ホモジナイズド。

この機会に調べました。

何となくほぼ全ての牛乳に、homogenisedと書いてあるから・・・という理由で買っていましたがそれじゃあダメですね。

homogenisedというのは均質、均一という意味で、homogenised milkは、高圧力をかけて分子を微小化し分離しにくいようにしたものだそうです。

通常だと、牛乳は分離してしまうとのこと。

日本の牛乳はhomogenisedだそうです。分離してるのなんて見たことないですものね。

なるほど。

また1つ頭が良くなりました。

  • Pure Whole Milk
  • Mixed Herd
  • Organic
  • No Permeate
  • Recyclable
  • No Palm Kernel Expeller Used

上記がボトルに書いてある項目ですが。

まずNo Permeateって何?

調べてみるとpermeateは、浸透する、充満するという意味らしい。

牛乳の場合では、生乳から抽出されたタンパク質や乳脂肪などのミネラルのことらしいです。

タンパク質や乳脂肪を均一するためにろ過して、減らしたり増やしたりして調整するそうですが、増やす場合にこのPermeateが加えられるのだとか。

これ自体生乳からの抽出物なので、悪いものではないとの見方もあるそうなのですが・・・。

Palm Kernel ExpellerはPKEと言われるもので、パーム油ができる過程で生じる副産物のことらしいです。

パーム油は良くないと言われているので、それを使っていないのはよいことですね。

パーム油については以前こちらに書きました。

ニュージーランドは物価が高いとみんな言いますが、食品に関しては、私は日本が異常なのではないか、と最近思います。

安いには理由があります。

添加物や保存料を大量に使ったり、かさましの為に偽者の何かを投入したり。

安く売るためだけに色んなものを犠牲にしている気がします。

消費者の健康よりもお金儲けばかり。

もちろん良いものを提供し続けていくには利益が必要ですが、順序が逆転している気がします。

ニュージーランドの牛乳はすぐに傷みます。

日本の牛乳ってあんまり傷んだりしませんよね。

牛乳に限らず、色々な食品が冷蔵庫に入れていても日本の食品ほど長持ちしません。

あっしまった!使うの忘れた・・・

と油断するとせっかく買った食材が痛んでしまうことも。

もちろんニュージーランドでも保存料やら添加物も使われているものも多いですが、日本よりはよっぽどマイルドなもの、量なんだと実感します。

安いには理由がある。(2度目の記述)

そしてニュージーランドでも、高いものはやっぱり良いものを使っていたりこだわっていたり。

全てを高いものでというわけにはいきませんが、きちんと選べる商品が豊富なニュージーランドはとても恵まれていると思います。

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA