オーガニック納豆が近くのチャイマで売られ始めたのと気になるミント納豆

レビュー食べもの

オーガニックの納豆、しかもタレも化学調味料、保存料、着色料なしの無添加。

おすすめ度   4.0

ジャパマに行けば売っているのだけど、なかなか行く機会がないので。

近くのチャイマで取り扱い始めて嬉しいです。

お値段は高めなんですがね。

3個パックで2.99ドル。1パック1ドル。

オーガニックはもちろん良いのですが、ちょっと前にジャパマでタレがついてない納豆が置いてあったんですよね。

あれが1番良かったのですが。

今回買った納豆、タレも無添加と言っていますが、原材料を見ると

ん???

というものが入っています。

原材料は下に書きます。

我が家では、と言っても私と娘しか納豆食べませんが、納豆のタレは捨てています。

もったいないけど、納豆のタレって添加物まみれなんですよね。

無添加って言っていない限り、通常MSGも入っています。

タレに含まれる醤油も遺伝子組み換え大豆から作られたものが使われていることもあるとか。

それを知ってからは、もうだいぶ前から納豆のタレは使っていません。

醤油とお酢でシンプルに食べるのがおいしいです。

でもせっかく無添加のタレなので使ってみました。

久しぶりの納豆のタレ。

なんかとても甘い…。

悪くないけど甘さが気になって個人的にはノーでした。

娘にもわざわざ使う必要はないかなーと思いました。

せっかく付いているのに、もったいないけど。

からしも着色料を使っていないそうです。

通常のからしって鮮やかな黄色ですが、こちらのからしは本当にからし色です。

からしはこういう色だと分かれば、これでも十分おいしそうなのに、どうしてあんな鮮やかに見せるために着色料を使うのでしょうか。

鮮やかな色のからしが消費者の「普通」になってしまうから、使わないとダメになって悪循環ですね。

そして。

こんな記事を発見しました。

ミントで納豆。

本当に??

納豆菌さえ使わず、本当にミントと大豆のみで、発酵でき、納豆になるそうです。

ミントなんて我が家の庭のハーブ園(と呼べるほど立派ではないのですが…)でわんさか。

大豆もちょっと良いものでも1キロで7ドルくらい。

やってみようかなぁ。

でも労力と値段と…どっちが結局お得なのか考えものです。

時は金なり。

オーガニック有機そだち極小粒納豆の原材料

  • 有機大豆(アメリカ、遺伝子組み換えでない)、納豆菌
  • たれ:[有機しょうゆ(小麦・大豆を含む)、砂糖混合異性化液糖、異性化液糖、食塩、たん白加水分解物(大豆を含む)、砂糖、みりん、酵母エキス、かつお節エキス、ぶどう糖、醸造酢]
  • 練りからし:[からし、醸造酢、水飴、食塩、香辛料]

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA