プチ贅沢なおしゃれチョコレート

レビュー食べもの

LindtのLindorのレモンチョコ。

1口目。

甘っっ!?

でもなくなるともっと欲しくなる不思議。

止まらない。危ない。そんなチョコ。

レモンの酸味がほのかに残る後味が病みつきに。

値段は10個で5ドル。

お客さんが来た時に出したりするとおしゃれでいいかも。

コーヒー、紅茶に合いすぎる。

味の種類も豊富でどれにしようか迷ってしまいました。

ベリー系のが気になっているので今度試してみます。

実は私、新商品とか、新しいもの、そういったものに挑戦するタイプではないのですが。

今回はなんか気になって買ってみました。

たまには自分へのご褒美に。

私は食べますが、子供たちにはあげていません。

4歳半の娘にはチョコ、たまにあげますが、本人も少量で満足します。

昔から甘いものを与えていなかったのですが、習慣ってすごいと思います。

食べ慣れてないものは、そんなに欲しがらない、というのが娘を見てると実感できます。

2歳半の息子は…。

娘の影響もあり、やっぱり完全シュガーフリーにはできずだったので、娘よりも甘いものを食べます。

3歳までの味覚が一生を左右する

と言いますが、今、4歳の娘を見ると、砂糖で作られた甘いものをほとんどあげずに育てて良かったと思います。

まだこれからどうなるか分からないけど。

娘は市販のマフィンはひと口で止まります。

誕生日などで食べるケーキも、喜んで食べ始めるのですが、数回口に運んで止まります。

子どもが甘いもの好きっていうのは当然じゃないと思います。

どんなものを食べて育つかによるのかなって私は考えています。

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA