定番のチョコがのったビスケット Arnott’s Digestives 

レビュー食べもの

ニュージーランドでのおやつの定番、Wheat flourのビスケット。

おすすめ度   4.0

これはArnott’sのDigestivesという名のビスケット。

Digestives?消化?

なんて斬新なネーミングなんだろうと思ったのですが、一応調べてみたところ・・・。

全粒粉のビスケットのことをDigestive biscuit ダイジェスティブ ビスケットって英語でいうらしいです。

ブログ書いていてまた1つ頭が良くなりました。

SPONSORED LINK

さて、このビスケット、やっぱり普通においしいです。

軽い口当たりでサックサク。もう少し甘さ控えめだと嬉しいなぁ。

甘過ぎるのがたまにキズなニュージーランドで売られているお菓子。

ちなみにArnott’sはオーストラリアのお菓子。

そして驚いたのは、このお菓子、1つがデカい。想像していたのよりも大きくて

デカっ

て思わず突っ込みました。ツッコミとかするタイプの人間ではないのに。


まぁ袋のサイズとかよくよく考えれば分かるのですが、頭の中ではもう少し小ぶりなものと想像していました。

Ingredients

  • Wheat flour
  • Sugar
  • Vegetable oil (contains Soy)
  • Milk solids
  • Cocoa butter
  • Wheat bran
  • Condensed milk
  • Cocoa mass
  • Honey
  • Salt
  • Emulsifier (Soy lecithin, E476)
  • Baking powder
  • Flavour

Contains Milk Chocolate 34%.

Wheat flourについて調べてみたのですが、全粒粉のことなのでしょうか?全粒粉だとWhole wheat flour? 

Wholeがついていなくても全粒粉なのかしら。

意外にも原材料に変なものは入ってないです。

いつも思うのですが、Flavourとだけ書いてあるものは、どういうものなのでしょう。そこだけ気がかり。

3歳の娘にまだチョコレートをあげていないのですが、そろそろあげてみようかな。

それとも必要ないならあげなくてもよいかしら。

どちらにしろ、余計な添加物が入っていないこのビスケットは子どもにも安心してあげられると思います。

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


絵本を読んでいる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA