小学校の校長先生との面談

子育て生活

娘がもうすぐ小学生になります。

早い。本当に早い。

学校選びも大変でしたが、何とか良い学校の学区に引越しをして、安心です。

本当に当事者にならないと学校選びについてはなかなか本気になれなくて。

周りの話もウンウン聞いていただけでした。

いざとなると本気で探し、足を運び、見て聞いて。

結構行動的だったと思います。

実際に学校に行ってみるのが1番イメージがわきます。

さて、学区内ということで、エンロールというか入学申し込みはスムーズでした。

オンラインでサクッと。

出生証明書と住所証明、予防接種記録をスキャンしてアップロードして、必要事項を記入して、Submitでした。

その後、学校から連絡が来て、校長先生と面談。

ニュージーランドの小学校は入る時に校長先生と面談するんですね。

旦那さんと私と娘で行きました。

服装はカジュアルすぎるのはどうだろ?と思ったので、一応ジーンズは避けました。

が、ニュージーランドなので全然気にする事はなかったようです。

私たちの直前に面談していた家族はジーンズ、サンダルでした。

面談時間は30分。

校長先生が直接娘に質問したり、親である私たちに質問したり。

娘への質問と言えば、

  • 何して遊ぶのが好きか。
  • どんな本が好きか。
  • 友達の名前は?
  • 幼稚園では何して遊ぶのが好きか。
  • 好きな食べ物は?
  • 誰と一緒に住んでるか。
  • 家では何して遊ぶのが好きか。

などなどでした。

娘は意外にも校長先生の英語を理解していて、答えていました。

親に聞かれたことは

  • 娘の性格は?
  • 心配事は?

くらいでした。

結構あっという間に時間は過ぎました。

アットホームな雰囲気で、旦那さんも私もほっとしました。

2回のトライアルがあって、5歳の誕生日が来たら入学です。

その前にユニフォームを買うのですが、それはオンラインで買うのだとか。

まだ確かめてないけど、注文して数日で届くとの事です。

コスト削減のため、在庫はなくオンラインでのみ購入可能と言われました。

3番目の子が生まれた直後でバタバタしそうだなぁ

そんな私は現在妊娠8ヶ月です。

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA