dyson cinetic big ball パワフルな掃除機を買いました

レビュー売ってるもの生活


Eczemaがなかなか治らない息子のために、ダイソンの掃除機を買いました。

おすすめ度   5.0

カーペットでも問題ない、パワフルな吸引力を持つ掃除機が欲しくて。

息子の肌荒れが良くなることを願って。

もともと毎日掃除機をかけている我が家。

でも旦那は、息子の肌荒れ、アレルギーはカーペットが原因と疑っていました。

1度専門業者にカーペットを洗ってもらおうかとも考えましたが、日程的に不可能。

別にダイソンにこだわっていた訳ではないのですが、購入の決め手は

フィルターの取り換えや清掃が必要ない

ということ。

フィルターを買い換えなくてよくて、外して掃除する必要のない掃除機はダイソンだけだそうです。

旦那が掃除するの嫌だってことで。私はその点はどうでもよかったのですが。

使ってみて驚いたのは、吸引力。

SPONSORED LINK

凄まじい。

期待以上の働きです。

毎日掃除機をかけている我が家でも、すごいパウダー状の粉がわんさか取れる。

こんな中で生活していたのかと思うとゾッとします。

カーペットってこんなにホコリを蓄えてるものなんですね。

吸引力はすごくてカーペットが若干持ち上がるくらい。

今までの掃除機でも結構吸えてると思っていたのに、さらに取れている。

さすがダイソン。

吸引力が強いので、かけ方にコツがいりますが、コツさえ掴めばスイスイ楽々。

掃除機部分がひっくり返らない設計らしいです。

そしてホースの真ん中部分の返しの設計がとても使いやすい。

ホースがねじれない。

重さだけがネックだけど、使いやすいのでそこまで嫌に思えないから不思議です。

ごみ捨てもボタン一つなので楽々。

まぁ・・・ごみ捨てた後にフタ閉める際にちょっと手が汚れますが、そこだけちょっと我慢。

掃除が楽しくなる。

高いけど、良い買い物をしました。

ここまで満足できる家電ってなかなか出会えない気がします。

やっぱり有名なのには理由があるんですね、Dyson。

このbig ballというシリーズは、マルチフロア用、喘息用、ペット用とありました。

本体は同じで、ヘッドの部分だけが違うとのこと。

喘息持ちでなく、ペットもいないのなら、マルチフロアで良いといわれました。

ちなみに、喘息用+100ドル、ペット用はさらに+100ドルでした。

ニュージーランドの家電量販店、こういった高額なものの場合、値段交渉ができるようです。

ニュージーランドって言ったモン勝ちなとこがあります。

価格交渉は日本の家電量販店でもできたりしますよね。

今回も割引きしてもらって、799ドルでゲットしました。

通常の店頭販売価格は899ドルなので、100ドルも割引き。

お得でした。

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA