Paracetamol 10ヵ月の息子が39度の熱を出したので飲ませました

子育て生活


ニュージーランドで風邪でGPへ行くとほぼ必ず処方されると言われるパラセタモール。

パラセタモール paracetamol自体は、痛みを和らげる薬らしいです。

GPでは、熱が38度以上出たとき用に、と以前もらいました。

今回、息子が突然発熱したので、パラセタモールについて調べてみました。(Paracetamol Dose Calculator

SPONSORED LINK

上の娘は1歳過ぎるまで熱を出したことなかったので、焦りました。

39度。

いきなり高い熱。

だるそうにしている息子。元気がない。心配すぎる。

病院に連れていこうか迷うところですが、嘔吐も下痢もなく、元気がないけど、抱っこしているともたれかかって大人しくしている。

少し様子を見ることにし、パラセタモールを飲ますことに決めました。

このパラセタモール、Pamol、Panadol、Paracare、Parafastなどのブランド、商品名のほうがなじみがあるかもしれません。

特にパナドールはよく耳にします。

これらのブランド、商品はすべてパラセタモールと同じです。

GPからもらっていたパラセタモールは120ml per 5mlという液体タイプ。

月齢が若い時にもらっていたので、服用量を調べる必要がありました。

体重で服用量を決めます。

覚え書き用に下に表にしました。

子どもの体重 120mg per 5mL 250mg per 5mL
5kg以下 医師に相談 医師に相談
6kg 4mL 2mL
8kg 5mL 2.5mL
10kg 6mL 3mL
11kg 7mL 3.5mL
13kg 8mL 4mL
15kg 9mL 4.5mL
16kg 10mL 5mL
18kg 11mL 5.5mL
20kg 12mL 6mL

また、1度服用したら4-6時間空けて、熱や痛みが続くようなら服用し、24時間で4回までの服用にすること。

通常風邪薬とされるものにはパラセタモールが含まれているので、他の薬も取る際は、服用量に注意が必要です。

どういったときにパラセタモールを子どもに与えるか。

  • 子どもが具合悪そうなとき(動きが鈍い、流動食などをあまり食べないとき)
  • 熱があるなしに関わらず、子どもが辛そうなとき

とありました。

また熱があっても子どもが元気でハッピーなときはパラセタモールは必要ないとのこと。

予防接種のあとの熱には使わないようにとのこと。(予防接種の効果が薄れる恐れがあるため)

パラセタモールは眠気や睡眠に影響がなく、生後3ヵ月以上の赤ちゃんや、子どもに使用できる薬。

パラセタモールで効果が感じられないときは、イブプロフェン Ibuprofenを服用に切り替える。

パラセタモールには、鎮痛作用と解熱作用があり、イブプロフェンにはそれに加えて抗炎症作用もある。

パラセタモールは比較的胃に優しい薬。

赤ちゃんも飲めるマイルドな薬ですが、過剰摂取は命に関わる危険を伴うので、使用量は守ること。

必要以上に与えないこと。

パラセタモールとイブプロフェンを同時に使用しない。

以上がパラセタモールについてです。
そんな息子の熱は2日間続きましたが、3日目には収まりました。

2日間、薬が効いている間は元気で、熱も下がり、薬が切れると熱が上がりだるそうに、を繰り返しました。

薬は6時間以上はあけるようにしました。

元気なときも離乳食を食べたがらず、困りました。

食べるの大好きなのにスプーンを口に持っていくと口を固く閉ざす。面白いくらい口を開けない。

こんなの初めて。

ただおっぱいはたくさん飲むので、水分は取れてる。

水分さえ取れていれば2、3日食べなくても大丈夫だそうなので様子を見ていました。

そして3日目、すっかり熱も下がり元気も出て、何より食欲が戻りました。食べるの大好きなのに食べられなかったなんて、相当辛かったんだろうなと思います。

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA