Raglanというワイカト地方の街に日帰り旅行

旅行・観光

オークランドから車で2時間半のところにあるRaglanという街に行ってきました。

サーフィンで有名らしいです。

子連れでのんびり出かけたので、街をゆっくり見る時間はなかったのですが。

今回は、Raglanに行く前にMakomakoにあるBridal Veil Fallsに行き、その後Raglanの中心部へ出向き、Ngarunui Beachで日没を見ました。

午前11時という遅めの時間に出発しました。

前日から決めていたわけではなく、よし行くか!とバタバタ準備して出動。

途中簡単にランチを済ませ…といっても子連れなのでランチはやっぱり時間がかかりました。

最初にWindfarm viewing areaという看板を発見し、止まってみました。

風力発電、ってことは風車が見られるのかと期待。

この時既に3時。

どこ??

SPONSORED LINK

と見ると山の上に確かに見える。

曇っているから見えにくいのか、晴れていてもそこまで感動するほどは見えなそう?

案内によると28個もの風車があるとのこと。

もっと近くでたくさん見れると迫力あってよいのになぁ。

その後、Bridal Veil Fallsへ。

ブライダルベールの滝って名前だけで素敵。

Bridal Veil Fallsについては、別記事にします。

到着時には既に3時半を過ぎていました。

約1時間ほど滞在。

その後Raglanの中心部に少し滞在して、Ngarunui Beachへ。

5時15分ごろ到着。

サーファーがたくさんいました。みんな帰っているところでした。

子ども達はビーチで走り回り、砂にお絵描きをし、なんだかんだで日没までいました。

地平線に沈む太陽を最初から最後まで見たのは初めてだったかもしれません。

雄大なこのサンセットを見ていたのは私たちだけではなくて意外にもたくさんの人が見ていました。

太陽が沈んでも一瞬で闇になるというわけではないのですねー。

いなくなっても余韻で周りを明るく照らすなんて太陽はやっぱり偉大です。

そして6時間半前に帰路へ。

もっと早く出れば、Raglanの街をもっとゆっくり見られたはずです。

楽しい日帰り旅行でした。

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA